a o i u m i のニュースのミカタ
今知りたい!気になるトレンドニュースをお届けします
エンタメ

ラッパー【R-指定】すべらない話で絶賛トーク!ステルス韻って何?詳細まとめ

2021年1月23日放送の「人志松本のすべらない話」
人気ラッパーのR-指定さんが登場して話題になりました。

ラッパーのR-指定さんが、芸人のトークに
どう切り込むのか?ワクワクドキドキしましたが、

韻の踏み方をリスナーに解説しながらも、
ちゃんと面白いオチに話を着地させるあたり
さすがはプロ!圧巻でしたね^^

今回のR−指定さんのトーク中に
何度も出てきた「ステルス韻」というワードですが、

意味が分かるような、分からないような・・・(汗)

私はイマイチ理解が曖昧なので、
ステルス韻の意味や使い方について
詳しく調べてみようと思います。

スポンサーリンク
 

ラッパーR-指定のwiki風プロフィール

まずは、 R-指定さんのプロフィールからですね♪

【R-指定 プロフィール】

本名:野上 恭平(のがみ きょうへい)
生年月日:1991年9月10日(29歳)
出身地:大阪市堺市
身長:169cm
血液型:
職業:ラッパー、MC、俳優
所属:ソニーミュージックエンターテイメント
活動期間:2008年〜
共同制作者:Creepy Nuts

R-指定さんといえば、
ヒゲに長髪がトレードマークですね。

大人っぽい雰囲気があるので、
29歳という年齢が、私的には結構意外でした。

ラッパーというと、尖ったルックスをしている方が
多い印象があるのですが(私だけかもしれませんが)、

R-指定さんにはその「尖り」みたいな「圧」がなく
とても柔和な印象を受けます。

トークはキレキレなのに
表情が穏やかで、まるでお坊さんのよう(笑)

R-指定さんは、
新しい世代のラッパーなのかもしれませんね^^

2013年には、ヒップホップユニットCreepy Nuts
DJ松永さんと結成されています。

また、R-指定さんは俳優業もされていて
映画、ドラマ、CMなどにも出演するマルチプレーヤーなのです。

【日曜劇場・危険ビーナスで好演技と絶賛のR-指定】

出典:危険なビーナス(2020年11月22日放送)

なんでも挑戦するあたり、R-指定さんは度胸があるというか
好奇心旺盛な方なんでしょうね♪

本当に多彩な方なのだと思います。

スポンサーリンク
 

ラッパーR-指定が人志松本のすべらない話に出演!

2021年1月23日放送の「人志松本のすべらない話」
R-指定さんが出演されました!


出典:人志松本のすべらない話

先輩ラッパーのZeebraさんと飲みに行った際に、
会話の中で韻バトルをしたという内容の
お話をされていましたね。

笑顔で話すR-指定さんのトークに
他出演者の芸人さん達も惹きつけられていました。

そんなR-指定さんですが、
当初番組より出演依頼を受けた際、一度は出演を断っていたそうです。

以下、 R-指定さんのコメントです。

大好きな番組なんですが、実は最初はお断りさせていただいたんです。
この番組は、芸人さんたちの総合格闘技が行われる神聖な場所ですので、
そんな所に素人の僕が出ていくなんて申し訳なさすぎて。
引用:日刊スポーツ

本当に謙虚な方ですね。
個人的に、ますます好感度アップです^^

そして、本番でのキレのあるトークとは裏腹に
とても緊張していたそうなんです。

以下、収録後のR-指定さんのコメントです。

すごく緊張しました。目の前に、松本人志さんはじめ、一流の芸人さんたちがずらりと並ばれていて、“どんな場所に、放りこまれたんだ”と(笑い)。本当に緊張していて顔も引きつっていたので、自分の出番まで他の方々のトークは楽しめないかなと思っていましたが、それでも笑ってしまうくらい皆さんのトークが面白かったです(笑い)。改めて、すごいなと感じました。
引用:日刊スポーツ

他出演者のトークに笑えたことで、
緊張がゆるみ、R-指定さんもいい感じで
自分の出番を迎えられたのかもしれないですね^^


出典:Creepy Nuts blog

笑いの力って、やはり素晴らしいですね♪

スポンサーリンク
 

ラッパーR-指定の話に出てくる「ステルス韻」って何?

さて、本題に入りましょう。
R-指定さんのトークで何度も出てきた
「ステルス韻」というワードですが、

ステルスとは英語で、
stealth=こっそりすること、忍び
という意味です。

なので、ステルス韻とは
会話の中に韻をこっそり忍ばせる、
「忍び韻」
といったところでしょう。

放送中のR-指定さんのトークの中から
1つステルス韻を抜粋してみます。


登場人物は先輩ラッパーのZeebraさん、ERONEさんと、R-指定さんの三人です。
韻のお題は「マダガスカル」

ERON「あの韻を使ったら、見てる人が俺たちのことプロやのにってからかうはずやで。そんなことしたら」

Zeebra「そうだよね、そしたら俺たちの持ってる宝腐るよね」

先輩二人が「からかうはず」「たからくさる」を強調して
(通常、韻を踏む際は少し強調してそのワードを言うそう)
会話の中に入れ込んできた後、
R-指定さんはさらりと次のように言いました。

R-指定「これ考えるの頭使うっすね」

Zeebra「そうなんだよ、ほんと、難しいんだよ・・・ん?」「R、今やったな。コイツ、ステルスで韻を放り込んでくる!」

皆さん、分かりましたか?^^

R-指定さんの「これ考えるの頭使うっすね」という言葉の中に、
ステルス韻が入っていたのです!

「頭使う=あたまつかう=マダガスカル」

単純に会話の流れで感想を言っているかのごとく、
R-指定さんがあまりにさらっと韻を踏んだので
Zeebraさんも初めは気がつかなかったんですね。

これぞ、ステルス韻の醍醐味!
R-指定さんすご過ぎます。

でもこれって、かなり頭の回転が早くないと
ついて行かれないですよね。

この業界の人たちって、
いつもこんな会話しているのかな〜

ステルス韻が上手すぎて、
誰にも気づかれないこともあるかもしれないですね。

それはそれで楽しそうですよね^^

スポンサーリンク
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、
「ラッパー【R-指定】すべらない話で絶賛トーク!ステルス韻って何?詳細まとめ」
というテーマでお伝えしました。

ステルスとは英語で、
stealth=こっそりすること、忍び
という意味
なので、
ステルス韻と、会話の中に韻をこっそり忍ばせる、
「忍び韻」といった意味でしたね。

個人的には、またR-指定さんに
人志松本のすべらない話に出演して欲しいです。

今後のR-指定さんの活躍を応援しています♪

それでは、また^^

スポンサーリンク