ニュースのミカタ
今知りたい!気になるトレンドニュースをお届け中
暮らし

古着でワクチンは怪しい?申し込み料金や評判口コミ!寄付金控除の対象?paypayは利用できる?詰め方や袋も調査

みなさん、こんにちは^^

不要な衣類を送って海外にワクチンを寄付できるサービス「古着deワクチン」をご存知でしょうか?

女性情報サイトのハルメクでも紹介されている古着でワクチンですが、一部では怪しいとの噂もあり口コミ評判が気になるところです。

ということで、今回は古着でワクチンについて、下記の項目を詳しく調べてみたいと思います!

  • 古着deワクチンは怪しい?口コミ評判
  • 古着deワクチンの申し込みと料金
  • 古着deワクチン・寄付金控除の対象?

それでは早速、いってみましょう♪

スポンサーリンク

古着deワクチンとは

まずは、古着deワクチンの基本情報から♪(知っている人はスルーしてくださいね^^)

【古着deワクチンとは】

2010年より日本リユースシステム株式会社が運営している、不要な古着やワクチンを発展途上の国へ寄付するサービスです。


出典:https://sdgs-scrum.jp/

寄付された古着はアフリカ・中東・東南アジアなどで再生リサイクルされ、現地の人々の衣服となるほか、1回の寄付で5人分のポリオワクチンを子供たちに送ることもできます。

スポンサーリンク

古着でワクチンは怪しい?口コミ評判

古着deワクチンは怪しい?口コミ評判についてネット上で調べてみたところ、古着deワクチンに関するポジティブな評判が多く見受けられました!


古着でワクチンは、断捨離も社会貢献もできて一石二鳥!という趣旨の口コミが多いですね。普段からなかなか物を捨てられない人も、古着deワクチンのサービスを利用すれば、断捨離や整理整頓の行動につなげやすいですね♪

スポンサーリンク

古着でワクチンの申し込み

公式サイトvsハルメク

古着deワクチンの申し込みは、古着deワクチン公式HP、またはハルメクからもできます。

2社の違いは何かというと、古着deワクチン公式サイトは1口購入で5名分のワクチンを寄付に対し、ハルメクは1口で20人分のワクチンを寄付できる点です。

ハルメクの方がワクチンを多く寄付できるんですね!

詰め方や袋

古着deワクチンは申し込み後、回収キットが届きますので、袋に目印のある線まで衣類等を自由に詰めることができます。(※3辺の合計が160cmで、25kg以内)

【ハルメクの古着deワクチンの袋】


出典:https://ec.halmek.co.jp/

袋の中身は重くなる可能性があるので、玄関先で衣類等を詰めるのがおすすめです。回収業者が来た際も、重たい回収キットそのまま持って行ってくれるので便利です。

傘は送れる?

折りたたみ傘も含めたは、古着deワクチンでは送ることができません。送れるもの・送れないもの詳細は、古着deワクチンの公式HPを確認してください。

送る期限

古着deワクチンを送る期限は、回収キットが届いてから3ヶ月以内です。

スポンサーリンク

古着でワクチンの料金

古着でワクチンの料金は下記です。

  • 古着deワクチン:3,300円(税込)
  • ハルメク:3,980円(税込)

古着でワクチンはpaypayの支払いも可能です。また、古着でワクチンは、アマゾンAmazon・楽天・ヤフーショッピングなどのECサイトでの販売はしていません。(2022年6月現在)

スポンサーリンク

古着でワクチン・寄付金控除の対象?

結論から言うと、古着deワクチンは寄附金控除の対象ではありません。

【寄附金控除とは】

地方自治体、認定NPO法人、公益社団法人等などに寄付をした際、確定申告で税金の控除が受けられる制度のこと

古着deワクチンを運営する会社(日本リユースシステム)は株式会社であるため、上記の寄付金控除の団体や法人に当てはまらないということですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、古着でワクチンは怪しい?申し込み料金や評判口コミ!寄付金控除の対象?paypayは利用できる?詰め方や袋も調査、というテーマでお届けしました。

今後も、古着deワクチン関連の情報に注目していきたいと思います。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございます♪

それでは、また^^