【この差って何?】藤子・F・不二雄の漫画「ある日」は核の話で衝撃の結末!

エンタメ

2021年2月2日(火)19時放送の「この差って何ですか?」では
特別企画で「大切なことは漫画が教えてくれた」というテーマで
ゲストがそれぞれ思い出のある漫画を語ります。

番組予告を見て気になったのが、
スピードワゴンの小沢敬一さんが話していた
藤子・F・不二雄さんの「ある日・・・」という漫画です。

「結末が衝撃的過ぎてスゴい!」と
小沢さんもコメントしているほど、
終わり方がかなりエグいようですね。

どのような漫画なのか気になるので、
さっそく漫画「ある日・・・」について
調べてみたいと思います!

スポンサーリンク
 

藤子・F・不二雄のWiki風プロフィール

言わずと知れた日本漫画界の巨匠、
藤子・F・不二雄さんのプロフィールです。

【藤子・F・不二雄】

本名:藤本 弘(ふじもと ひろし)
生年月日:933年12月1日1
死没:1996年9月23日(62歳没)
出身地:東京都新宿区
職業:漫画家
ジャンル:幼年漫画、SF漫画
活動期間:1951年〜1996年
藤子・F・不二雄さんの代表作といえば、
ドラえもん』『パーマン』『キテレツ大百科』など
知らない人の方が希少なくらい有名ですよね^^

出典:ニコニコ静画
この静画を見ているだけでも、
子供の頃にテレビや漫画で見ていた
お馴染みのキャラクターばかりで、
妙にほっこりした気持ちになりますね^^
スポンサーリンク
 

藤子・F・不二雄さんの漫画「ある日・・・」のテーマは核戦争

藤子・F・不二雄さん作の「ある日」は、
1982年に、漫画奇想天外に掲載された
読み切りのSF漫画作品です。

 


出典:藤子・F・不二雄 SF短編漫画図鑑

 

藤子・F・不二雄SF漫画「ある日」の概要

四人のアマチュア映像家がサークルの映写会に集まり、それぞれ「“世界を巡る自分”の合成フィルム」、「地域が開発されていく10年間の映像」、「スター・ウォーズのパロディ」を写して談笑する。

しかし、うずくまったビン底メガネの青年、佐久間だけは全ての作品を「つまらない」「問題意識のかけらも見当たらない」と一蹴する。そして彼は日常的な光景が映し出されたフィルム『ある日……』を上映。一見平凡な内容だが、最後に「プツン…」と映像が途切れる形で終わる。このことを意味が分からないと皆が嘲笑すると、佐久間はその内容の真意を語りだす。そして、最後にはマンガ自体が「プツン…」という文字を残して白紙になる。

これは、ちょうど冷戦期にあった、当時の
核戦争の恐怖のイメージを扱った作品なのだそうです。
「核」「戦争」という大きなテーマが
この短編SF漫画の背景にあったとは!
かなり驚きました(汗)

 

平和ボケしている今の時代だからこそ
余計に衝撃を受ける部分もあるような気がします。

「プツン」という文字が出て漫画が終わるって、どんな演出?!
と思わず突っ込みたくなりますが、
この余韻は、読み手が消化不良を起こすほど強烈で
メッセージ性が強いものだと思います。

 

この後、この漫画の登場人物が住む世界は
一体どうなったんだろう?
これは私たちの現実世界でもあり得る、などなど
色々と考えさせられますね。
スポンサーリンク
 

スピードワゴン小沢敬一が語る、漫画「ある日」の衝撃的な結末

以下の動画で、スピードワゴンの小沢敬一さん
藤子・F・不二雄さんの「ある日」について、
漫画の衝撃的な結末について、熱く感想を語っています♪
(*動画内5:20辺りから)

 

【漫画・ある日について語るスピードワゴン小沢】

小沢さんのお話、すごく分かりやすいですね!

そして、かなり熱く語っていることから、
本当に「ある日」の結末が衝撃だったことが伝わってきます。

スポンサーリンク
 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、「この差って何?藤子・F・不二雄の漫画「ある日」は核の話で衝撃の結末!」というテーマでお伝えしました。

漫画「ある日」は核戦争に関するテーマを取り扱った短編SF漫画で、
とにかく結末がめちゃくちゃ衝撃的なことが分かりました。

気になる方は、ぜひ藤子・F・不二雄さんの
漫画をチェックして見てください!

それでは、また^^

スポンサーリンク