ニュースのミカタ
気になるトレンドニュースや暮らしに役立つ情報をお届け中
エンタメ

ヒカル宮迫のヒカサコ牛ってどんな肉?牛宮城焼肉店の問題とは?

みなさん、こんにちは^^

人気YouTuberヒカルさん宮迫博之さんのコラボ企画の渋谷で10月1日オープン予定の焼肉店「牛宮城」が準備不足のため、オープンを見合わせるとのニュースが入ってきました!

牛宮城の目玉商品は、ヒカルさん&宮迫さん開発の「ヒカサコ牛」とのことですが、この「ヒカサコ牛」とは、いったいどんな牛肉なのでしょう?

また、今回焼肉店・牛宮城のオープンが延期になった理由は、準備不足の問題とのことですが、その詳細が気になります。

ということで、今回は、ヒカルさん・宮迫博之さんが開発したヒカサコ牛とはどんなお肉なのか?また、焼肉店「牛宮城」の準備不足の問題について詳しく調べてみます!

スポンサーリンク
 

ヒカル・宮迫コラボの焼肉店「牛宮城」

まずは、ヒカルさん&宮迫博之さんがコラボでオープン予定の焼肉店「牛宮城」の基本情報です♪


焼肉店「牛宮城」
住所:東京都渋谷区宇田川町12-9 ジュール渋谷 5F
席数:70~80席
オープン予定:2021年10月1日(現在延期)

すでに、食べログにはお店情報が登録されているようです!


焼肉屋オープンに際して、ヒカルさん&宮迫さんのめちゃくちゃ熱い意気込みが聞ける動画はこちらです(ちょっと長いです・・・)

めちゃくちゃ楽しそうな2人ですね^^

牛宮城で提供する、お肉のブランドや部位などもいろいろ考えていたことがよく分かります。

スポンサーリンク
 

ヒカル宮迫開発の「ヒカサコ牛」ってどんな肉?

それでは、今回ヒカルさんと宮迫さんが開発したブランド牛の「ヒカサコ牛」とは、いったいどんなお肉なのでしょう?


まず、ヒカサコ牛の名前の由来ですが、

ヒカルさんの「ヒカ」と、宮迫さんの「サコ」「ヒカサコ牛」なのだそうです^^

ヒカサコって、下噛みそうだけど、インパクトある名前ですね(苦笑)

ヒカサコ牛は雌牛で、めちゃくちゃ超高級な牛肉のようです。

こちらの動画でヒカサコ牛の全容が紹介されています♪

ヒカサコ牛の保存室の映像は、ちょっと衝撃的ですね・・・!(汗)

とは言っても、焼肉店の方は見慣れている光景なんでしょうけどね。

牛宮城で提供予定のヒカサコ牛は、2日間も特製の味噌に漬け込み絶品のお味なようなので、お店がオープンの際はぜひ食べてみたいです^^

スポンサーリンク
 

ヒカル宮迫の「焼肉店・牛宮城」準備不足の問題とは?

それでは、今回は残念ながらオープンが延期になってしまった焼肉店・牛宮城の準備不足の問題についてみていきます。


今回、牛宮城が2021年10月1日のオープン直前に発覚した準備不足問題は、、、

「ヒカサコ牛の肉質や調理方法」がメインのようです。

「まだ店の冷蔵庫が稼働していなかったので、冷凍してしまっていた。

肉に詳しい方なら分かると思うんですけど、その時点で全然ダメ。

味が落ちてしまう」 引用:Yahooニュース

なるほど、先の動画での試食は、味をチェックしないで行っていたんですね・・・!

この宮迫さんの謝罪動画をみると、今回の牛宮城オープン延期に関する問題点について、正直に真摯に全容を隠さず謝罪しているように感じます。

牛宮城のオープンの時期に関しては見通しが立っていないようですが、ヒカサコ牛はせっかく2人で開発してきたブランド牛なので、1日でも早くお店がオープンできるよう、ヒカルさん&宮迫さんに頑張って欲しいです^^

【2021年12月25日:追記】

ヒカルさんは相談の結果、牛宮城の企画から撤退し、代わりに「焼肉ハウス大将軍」などを運営するガネーシャグループの社長・本田大輝氏が宮迫博之さんの事業の支援者になったそうです。

宮迫さん、焼肉界のプロアドバイザーの森田さん、そして新たに加わった本田さんの3人で2022年3月の牛宮城再オープンに向けて準備を進めているとのことで、楽しみです! 引用:スポニチ

スポンサーリンク
 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、ヒカル宮迫のヒカサコ牛ってどんな肉?牛宮城焼肉店の問題とは?というテーマでお届けしました。

今後も、宮迫さん&牛宮城関連のニュースに注目していきたいと思います。

ちなみに、牛宮城の黒幕・鬼Pこと若林和人さんのプロフィールや年収についてはこちら↓

https://aoiumiblog.com/wakabayashi-profile/

ヒカルさんの記事はこちらからも読めます↓

ヒカルが激怒ブチギレの40代芸人は誰?候補者5名を徹底予想!みなさん、こんにちは^^ 人気ユーチューバーのヒカルさんが、2022年2月4日に配信した動画の中で、YouTuberを馬鹿にした40代...

最後まで記事を読んでくださりありがとうございます♪

それでは、また^^