a o i u m i のニュースのミカタ
今知りたい!気になるトレンドニュースをお届けします
歌手

GACKTの持病(病名)はてんかん?幼少期の神経系疾患まとめ

2021年9月8日に、アーティストのGACKTさんが持病の悪化により、
芸能活動を無期限で休止するという衝撃的なニュースが入ってきました。

GACKTさんは幼少期から持病で神経系疾患を患っていたとのことですが、
持病の病名は何なのでしょう。
GACKTさんの持病は「てんかん」との噂もあるようで、とても気になります。

ということで、今回は
GACKTさんの持病(病名)はてんかんの可能性について、
さらに、幼少期に発症しやすい神経系疾患についても独自にリサーチしてみます!

スポンサーリンク
 

GACKTの現在の病気の症状は?


Yahooニュースによると、現在のGACKTさんの病状は、

  • 2021年8月6日キプロスから帰国後に体調を崩す
  • 幼少期の神経系疾患の持病が悪化→ 一時は危篤状態
  • 発生障害が併発し、話すことが困難
  • 体調が悪化して体重が10キロ落ちたが

とのことです。

普段から、筋トレや食事制限などをして、健康管理は常に意識して
生活している印象が強いGACKTさんですが、今回は幼少期の持病の悪化から
発声障害まで併発され一時は危篤状態になったということで、かなり心配です。

スポンサーリンク
 

GACKTの持病(病名)はてんかん?

それでは次に、GACKTさんの持病の病名は「てんかん」なのか?
GACKTさんの持病の真相について調べてみます。


一般的に、幼少期に発症しやすい神経系疾患というと、
「てんかん」をイメージする方は多いかと思います。

実際、SNS上でもGACKTさんはてんかんを患っているのでは?
とのコメントが複数挙げられていました。


GACKTさんはライブの舞台で、パフォーマンスの終焉の場面では
倒れていた(失神?)との情報もあるので、ひょっとして、
本当にてんかんの発作が起こっていたのかもしれないですね?!

しかし、これらの情報はあくまでもSNSユーザーのコメントの一部ですので、
実際にGACKTさんの持病が「てんかん」であるとは断言できません。

GACKTさんの持病に関して、SNS以外の情報を調べましたが、
詳細について正確なことは分かりませんでした。

今後GACKTさんが回復するにつれ、メディア向けにGACKTさんの持病や
現在の病状について、オフィシャルな報告があるかもしれませんね。

GACKTさんの持病(病名)について、
また新たな情報が分かり次第、追記していきます。

スポンサーリンク

幼少期に発症しやすい神経系疾患とは?

それでは、一般的に、幼少期に発生しやすいと言われている
小児性神経系疾患について、いくつか取り上げてみたいと思います。

てんかん

てんかんは神経細胞が過剰な活動を起こすことにより、発作が繰り返し起こる病気です。てんかん発作は全身のけいれんが最も多いですが、体の一部がぴくぴくしたり、どこかがしびれたりする感覚の異常や、ぼんやりして呼びかけに反応しない状態や、ぼんやりした状態で顔色が悪くなったり、口をもぐもぐさせる動作を伴うことなど様々です。けいれんの場合には、誰がみても発作の症状であるとわかりやすいのですが、その他の軽い症状でも同じようなことが何度も繰り返し起こるので、異常に気づかれることも多いです。
引用:https://www.childneuro.jp/modules/general/index.php?content_id=15

瀬川病(ジストニア・不随意運動)

GTPシクロヒドラ―ゼ1 遺伝子の変異による常染色体優性遺伝性疾患であり、瀬川病、遺伝性ジストニア とも呼ばれる。男性での浸透率が低く、小児期発症者には女性が多い。0歳以下で、歩行時の下肢ジストニアで発症し、尖足・内反足をきたしやすい。日内変動を示して運動後や夕方に悪化するが、睡眠や休息で改善する。引用:https://mgen.ncgm.go.jp/disease/12

不眠症

小児の行動性不眠症は、しつけ不足型と入眠時関連型の二つのタイプに分けられていますが、どちらも眠りたがらない状態です。しつけ不足型は「養育者のしつけが不適切なために就床時にぐずったり、その時刻に眠ることをいやがったりする」、「養育者に強制されればすぐ眠る」とあります。一方、入眠時関連型の特徴は、子どもが就床時に特定の刺激、物体、あるいは環境を求めることです。ただしこれでは「入眠儀式」を必要とします。
引用:https://www.childneuro.jp/modules/general/index.php?content_id=50

発達障害

発達障害とは、発達障害者支援法において「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害など の脳機能の障害で、通常低年齢で発現する障害」と定義されています。
引用:https://www.childneuro.jp/modules/general/index.php?content_id=69

上記以外にも、小児性神経疾患は、
筋ジストロフィー症、特定難病等多数ありますが、
やはり、その中でも「てんかん」はメジャーな疾患のようです。

小児〜成人の詳しいてんかんの情報について知りたい方は、こちらをどうぞ。

GACKTさんの持病がてんかんかどうかは不確かですが、
いずれにしても、早く病気から回復され元気な姿が見られるといいですね。

スポンサーリンク
 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、
GACKTの持病(病名)はてんかん?幼少期の神経系疾患とは?まとめ

というテーマでお届けしました。

GACKTさんの持病はてんかんでは?との声がSNSに多数ありましたが、
これらは予想であり、GACKTさんの病名の正確な情報は分かりませんでした。

ただ、GACKTさんの持病についてこれだけコメントがあるということは、
それだけ心配しているファンが多いということでしょうね。

今後も、GACKTさんの病気や治療関連のニュースに注目していきます。
1日でも早くGACKTさんが病気から回復されるよう祈っています。

それでは、また^^