a o i u m i のニュースのミカタ
今知りたい!気になるトレンドニュースをお届けします
暮らし

鬼剥離の粉の成分や他製品との違いは何?なぜ油汚れが落ちるの?まとめ

通販のプロ・レジェンド松下さんオススメの
どんな油汚れでも落としてしまう魔法の粉「鬼剥離(おにはくり)の粉」をご存知ですか?

換気扇やグリルなどベトベト油汚れも簡単に落とす鬼剥離の粉ですが、
その成分は一体何なのでしょうか?
なぜ鬼剥離の粉を使うと簡単に油汚れが落ちるのでしょう?
また、他社の油落としクリーナーとの成分の違いも気になるところです。

ということで、今回は
今話題の油落とし用粉末洗剤「鬼剥離の粉」の成分や他製品との違い、
そして、なぜ鬼剥離の粉で簡単に油汚れが落ちるのか?
その理由について徹底リサーチしてみます!

スポンサーリンク
 

油汚れ用粉末洗剤・鬼剥離の粉の成分は何?

まず、どんな油汚れでも落とすという「鬼剥離の粉」の成分についてです。

【鬼剥離の粉の成分表】

成分:界面活性剤15%・ 過炭酸塩・炭酸塩・硫酸塩・酵素・銀イオン・重曹
液性:弱アルカリ性
生分解性:99.9%
生産国:日本

鬼剥離の粉にはたくさんの成分が入っていますので、成分を一つずつ解説します。
界面活性剤:界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称。 構造として、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の 両面を持っている。引用: kao.com
過炭酸塩:過酸化水素水と炭酸ソーダを3:2の割合で混ぜた物質。 過酸化水素水は、傷の消毒に使うオキシドールのことで、殺菌に効果があり、酸素系の漂白剤としてさまざまな洗剤にも配合される。引用:olive-hitomawashi.com
炭酸塩:炭酸イオンを含む化合物の総称で、炭酸カルシウムや、炭酸ナトリウムなどがある。 炭酸塩はアルカリ金属以外は水に溶けないものが多い。引用:Wikipedia
硫酸塩:硫酸イオン含む無機化合物の総称。天然には火成岩中に含まれることもあるが、多くは石膏、重晶石、硫酸鉛鉱などの風化生成物。引用:Wikipedia
酵素:生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子。引用:Wikipedia
銀イオン:銀を水中で電気分解させることにより溶出するもので、微生物などの下等生物に対して殺菌、抗菌性がある。 引用:medical-aid.co,jp

重曹:重炭酸曹達(ソーダ)の略。炭酸水素ナトリウム。白色の結晶性粉末で、水にとけ、弱いアルカリ性を示す。医薬・ふくらし粉などに使う。引用: oxford language

生分解性とは、物質が自然に排出された後、
微生物などによって無機物へ分解されることです。
ですので、一般的には生分解性が高ければ、環境への負荷が低いということになります。
鬼剥離の粉は「生分解性99.9%」とほぼ100%に近いので、
環境に優しい成分ということになりますね^^

スポンサーリンク
 

鬼剥離の粉と他製品の成分の違いは何?

次に、鬼剥離の粉と他の油汚れ落としクリーナーの製品の成分の違いを比べてみましょう。

鬼剥離の粉
成分:界面活性剤、過炭酸塩、炭酸塩、硫酸塩、酵素、銀イオン、重曹

以下は、アマゾンの「人気の油落としクリーナーランキング」で
上位に入った2種のスプレータイプと、1種のパウダータイプの
油落としクリーナーの成分です。

1. ウルトラハードクリーナー 油汚れ用(リンレイ)
成分:水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、界面活性剤、溶剤

 

2. 油職人 業務用超強力油用洗剤(技・職人魂)
成分:脂肪酸系非イオン界面活性剤、アルカリ剤、アルコール溶剤


3. 油汚れ落としパウダー(AZ・エーゼット)
成分:研磨剤、陰イオン界面活性剤、非イオン界面活性剤

鬼剥離の粉と、上記3種類の油汚れ落としクリーナーの成分に
共通するのは「界面活性剤」ですね。
親水性と親油性の両面の性質を持っている界面活性剤は、
油汚れ落としクリーナーには必須の成分のようです。

それ以外の成分は、製品によって違うので、
それぞれ強みとなるポイントが異なりそうです。

3番の油汚れ落としクリーナーは研磨剤が入っているので、
ゴシゴシ擦って油汚れを落とすのに向いてそうですね^^

スポンサーリンク
 

鬼剥離の粉で油汚れが落ちる理由は?

それでは、なぜ鬼剥離の粉でしつこい油汚れが簡単に落ちるのか?
その理由について調べてみます。

まずはこちらのレジェンド松下さんによる「鬼剥離の粉」の実演をご覧ください。

この鬼剥離の粉の実演は、かなり説得力ありますよね〜!
本当に驚きです!

鬼剥離の粉で油汚れが落ちる理由は、
界面活性剤と酸素系漂白剤=過炭酸塩の組み合わせで、
しつこい油汚れを「ペロン」と剥がせるからでした。

ゴシゴシ擦らないでも、水に浸けておくだけで油汚れが剥離する!
鬼剥離の粉の、界面活性剤&過炭酸塩の組み合わせは最強ですね^^

 

鬼剥離の粉、これは試してみて損はなさそうです^^

スポンサーリンク
 

鬼剥離の粉の成分や他製品との違いは何?なぜ油汚れが落ちるの?まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、
鬼剥離の粉の成分や他製品との違いは何?なぜ油汚れが落ちるの?詳細まとめ

というテーマでお届けしました。

鬼剥離の粉と他の油汚れ落としクリーナーに共通する成分は
界面活性剤で、それ以外の成分はそれぞれでした。

鬼剥離の粉で油汚れが落ちる理由は、
界面活性剤と酸素系漂白剤=過炭酸塩の組み合わせ
油をペロンと剥離することが出来るからでしたね!

ぜひ私も鬼剥離の粉を試してみたいと思います!

それでは、また^^

スポンサーリンク