はてなのミカタ
気になるニュースや暮らしに役立つ情報をお届け中
タレント

りゅうちぇる子供の名前はリンク!顔画像と映画ヘアスプレーのあらすじ

みなさん、こんにちは^^

タレントで1児のパパであるりゅうちぇる(ryuchell)さんの子供の名前「リンク」くんの名前の由来が、今ネット上で話題になっています。

りゅうちぇるさんは息子のリンクくんに、人種差別や偏見に関心を持って欲しいとう願いから、同テーマを扱った映画「ヘアスプレー」の主人公の名前「リンク」を命名したそうですが、ヘアスプレーとはどんな内容の映画なのでしょう?

また、現在3歳になるリンクくんの顔画像(写真)も気になるところです^^

ということで、今回は、りゅうちぇるさんの子供のリンクくんの顔画像と、リンクという名前の由来になった映画ヘアスプレーのあらすじ内容をチェックしてみたいと思います!

それでは早速、いってみましょう♪

スポンサーリンク

りゅうちぇる子供の名前はリンク【顔画像】

まずは、りゅうちぇるさんの子供のリンクくんについてチェックしてみます!


出典:grapee.jp

本名:比嘉 龍二(ひが りゅうじ)
名前:ryuchell・りゅうちぇる
生年月日:1995年9月29日(26歳・2022年3月現在)
出身地:沖縄県宜野湾市
身長:172cm
体重:56kg
職業:ファッションモデル、タレント、歌手、実業家
所属:スターレイプロダクション
配偶者:ぺこ

りゅうちぇるさんの息子の比嘉リンクくんは、2018年7月11日生まれです。


2022年3月現在3歳になるリンクくんの顔画像を探してみましたが・・・子供の顔出しはNGのようで、どの写真もリンクくんのお顔はスタンプでカバーされていました。


リンクくんのお顔は見えませんでしたが、りゅうちぇるさん&ぺこさんの愛情をたっぷり受けて、すくすくと成長しているのがわかりますね♪

スポンサーリンク

名前由来となった映画「ヘアスプレー」とは?


出典:https://www.cuemovie.com/

それでは、人種差別などついて将来考えて欲しいというりゅうちぇるさんの願いでもある、リンクくんの名前の由来となった、アメリカ映画「ヘアスプレー」の内容をみていきます。

ヘアスプレー』(原題:Hairspray)は、2007年に製作されたアメリカ・イギリスのミュージカル映画。1988年のジョン・ウォーターズ監督の同名映画を元にした2002年の同名ミュージカルの映画化作品。ジョン・トラボルタが特殊メイクで巨体の女性を演じている。引用:wikipedia 

映画【ヘアスプレーのあらすじ】(ネタバレを含みますのでご注意ください)

60年代のアメリカ・ボルチモア。優しい父・ウィルバーと母・エドナと幸せに暮らしている16歳の高校生トレーシーは、ダンスもファッションもセンス抜群だけれど、体型はかなり太めの女の子。

学校の勉強にはあまり興味はなく、ボルチモアで人気のテレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」に出演する夢を持っています。ある日番組レギュラーメンバーのオーディションが開催されると知り、喜び勇んで挑戦するのですが…。

「コーニー・コリンズ・ショー」を仕切っているのは、元ミス・ボルチモアで、スリムなベルマ。「チビでおデブはお呼びじゃない」と言われ、あえなく不合格にされてしまいます。

がっかりしながら学校へ向かったトレーシーは、遅刻した罰で居残りを命じられ、泣きっ面に蜂。ところが、居残り部屋では、日頃一緒に授業を受けることがない黒人の生徒たちが楽しそうにダンスをしていました。

「居残りを食らっても音楽があれば最高さ」というシーウィードと意気投合し、彼らが踊っているダンス「ペイトンプレイス」を教えてもらい一緒に踊るトレーシー。

その様子を見ていた「コーニー・コリンズ・ショー」に出演しているリンクが、番組のホップ・パーティーに出演してみないかと持ち掛け、リンクに憧れているトレーシーは舞い上がります。

ちなみに、リンク役の俳優ザック・エフロンさんはこの方↓


出典:https://plaza.rakuten.co.jp/

ホップ・パーティーでは、参加者が楽しく踊っているのですが、白人と黒人のエリアがしっかりと分けられています。そんな中トレーシーはシーウィードに教えてもらった「ペイトンプレイス」を一緒に踊ろうと誘います。

それはできないから君が踊れよとシーウィードに促されたトレーシーは、みんなの前で「ペイトンプレイス」を披露し会場は大盛り上がりに。

これをきっかけにトレーシーは、「コーニー・コリンズ・ショー」に出演することになるのです。

すっかり人気者になったトレーシーは、大きめサイズの服で有名な「ミスター・ピンキー」のイメージガールに選ばれるなど、好調な毎日を送ります。

また親友のペニーやリンクも居残り部屋でダンスを楽しむようになり、シーウィードら黒人生徒たちとの壁が少しずつ取り払われていきます。

しかし、近く行われる「ミス・ヘアスプレーコンテスト」で優勝を狙う娘のアンバーの人気を奪われると焦ったベルマは、番組のホスト・コーニーにトレーシーを出演させることや番組で黒人のダンスを踊ることに猛抗議します。

しかしコーニーは、「それが時代の流れなんだ。素直に受け入れよう」とベルマをたしなめます。

それにも関わらず、「コーニー・コリンズ・ショー」で定期的に行われていたブラックデー(黒人が出演できる日)が突然なくなり、それを知ったトレーシーは憤ります。

そしてブラックデーのホステスを務めていたシーウィードの母・モーターマウス・メイベルに「みんなで抗議デモをしよう!」と提案します。

メイベルは「番組に出られなくなるわよ」と忠告するものの、「シーウィードたちと踊ることができればいい」と言うトレーシーの強い意志に打たれ、デモを決意します。

デモの当日、トレーシーを心配して連れ戻そうとした母・エドナですが、そのまま一緒にデモに参加することに。

しかし警官たちが立ちはだかり、彼らの態度に腹が立ったトレーシーは、持っていたボードで警官の頭を叩いてしまいます。

「逮捕するぞ」と言う警官たちからエドナはトレーシーを守り、逃がします。

一方で、トレーシーに誘われながらも「リスクが重い」とデモへの参加を拒否したリンクは後悔の念にさいなまれ、トレーシーの自宅を訪れます。そんなリンクをエドナは温かく迎えます。

その頃トレーシーはペニーの自宅に隠れていましたが、ペニーの母に見つかり、追い出され、シーウィードたちのもとへ向かいます。

そして翌日に控えた「ミス・ヘアスプレーコンテスト」へ出場できるよう、エドナに協力を頼みます。

そして迎えた「ミス・ヘアスプレーコンテスト」では、ウィルバー、エドナ、そしてシーウィードたちの協力のもと、トレーシーは無事に参加して、圧巻のダンスを魅せます。

盛り上がったステージでは、トレーシーとリンクが踊り抱き合い、リンクがエスコートすることで、シーウィードの妹アイネスが飛び入り参加。すると視聴者の人気投票はみるみるアイネスに集まります。

シーウィードとペニーも一緒に踊り、もはや白人と黒人を遮る壁はありませんでした。そしてミス・ヘアスプレーにはアイネスが選ばれます。

ベルマの不正も公の場で暴かれ、番組ホストのコーニーは「この番組は永遠に差別を排除します」と宣言するのでした。

リンクくんの名前の由来にも深いストーリーがあることがわかりしたが、この映画ヘアスプレーは普通に映画としてみたくなるような作品ですね!(めっちゃ面白そう^^)

週末にU-NEXTで早速映画をチェックしてみたいと思います♪

りゅうちぇる子供の名前と映画ヘアスプレーまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、りゅうちぇる子供の名前はリンク!顔画像と映画ヘアスプレーのあらすじ、というテーマでお届けしました。

  • りゅうちぇるの子供リンクの顔画像:SNS上では非公開

今後も、りゅうちぇる(ryuchell)さんの活動に注目していきたいと思います。

りゅうちぇるさんの記事はこちらからも読めます↓

りゅうちぇるは英語がペラペラ!「ノリ」で話してるって本当?詳細まとめ最近またテレビでよく見かけるようになった タレント・モデルのりゅうちぇるさん。 りゅうちぇるさんはアメリカ人の祖父を持つ クォ...

最後まで記事を読んでくださりありがとうございます♪

それでは、また^^