a o i u m i のニュースのミカタ
今知りたい!気になるトレンドニュースをお届けします
女優・俳優

【訃報】小林亜星が死去!病歴(糖尿病~肺炎~心不全)まとめ

作曲家・俳優の小林亜星(こばやしあせい)さんが、2021年5月30日に
心不全のため都内の病院で死去したことが分かり、いま話題になっています。

ニュースでは、小林亜星さんは心不全で急死したとされていますが、
じつは、以前から様々な病歴を持っていたようですね。

ということで、今回は
小林亜星さんの病歴(糖尿病〜肺炎〜心不全)について
詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク
 

【訃報】小林亜星が心不全のため死去!

2021年5月30日に、作曲家の小林亜星さんが死去したことが分かりました。
芸能界やSNS上でも驚きと悲しみの声が多数上がり、話題になっています。

本名:小林亜星(こばやしあせい)
別名:小林 亞星、マーク・HAMA
生年月日:1932年8月11日(88歳)
出身地:東京都
学歴:慶應義塾大学卒業
職業:作曲家、作詞家、俳優、タレント
所属:アストロミュージック

CM曲や歌謡曲、アニメソング、テレビ番組のテーマ曲など、
生涯に6000曲以上を作曲した小林亜星さん。
音楽界に偉大な功績を残された分、関係者や周囲の悲しみも大きいようです。

スポンサーリンク
 

小林亜星の病歴(糖尿病~肺炎~心不全)

次に、小林亜星さんの病歴について調べてみます。

小林亜星さんは、心不全で亡くなられたそうですが、
以前から他の病気も患っていたようです。

糖尿病

小林亜星さんは、1974年より放送のドラマ「寺内貫太郎一家」の頃より
糖尿病を患っていたそうです。
当時小林亜星さんは32歳の若さですが、早くも恰幅の良さが伺えますね。


特に食事や飲酒の制限はしていなかったそうですが、
月に一度は通院をしていたようです。

肺炎

2018年には3度も入院をされています。
長年の持病の糖尿病に加えて肺炎を患ったようで、左胸のあたりに
ペースメーカーを入れていると、メディアのインタビューに答えていました。
画像は退院時2019年頃の写真だと思われます。

この頃からだいぶ足腰が弱くなっていたようで、
退院しても歩行がしんどくなっていたそうです。

小林亜星さんはインタビューに対し、こんな発言もされていました。

「こんなに生きるとは思わなかったんでね、そろそろいいんじゃないかって感じなんですけどね。その時が来たらサヨナラってだけ」
「かみさんより早く死にたい。かみさんの方に先に逝かれたら俺弱っちゃうからね」
引用:スポーツ報知

心不全

2021年5月30日に心不全で死去した小林亜星さんですが、
自宅で転倒後に心不全を起こしたと伝えられています。
やはり晩年歩行がきびしくなっていたことが、転倒の原因だったのかも知れませんね。

体調が優れなくなってからも、毎日作曲は続けていたという小林亜星さん。

「毎日、一応(曲を)作ってますよ、勝手に」
「それは発表するわけじゃないから。それは癖だから、何か作ってないといられないですね。これは無駄なことになるんでしょうけど」引用:スポーツ報知

小林亜星さんはライフワークのような感じで作曲を続けていたんですね。
追悼の意味でも、いつか小林亜星さんの未発表の曲が世に出るといいですね。

スポンサーリンク
 

【訃報】小林亜星が死去!糖尿病~肺炎~心不全まで病歴まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、
【訃報】小林亜星が死去!病歴(糖尿病~肺炎~心不全)まとめ
というテーマでお届けしました。

小林亜星さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

それでは、また。

スポンサーリンク