a o i u m i のニュースのミカタ
今知りたい!気になるトレンドニュースをお届けします
歌手

鬼龍院翔の二股交際のA子は「峰えむ子」で本名は「まゆみ」?

2021年9月4日に電撃結婚を発表したゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんですが、
なんと、その4日後には、二股交際の報道がありましたね!

鬼龍院さんの二股交際のお相手とされる「A子さん」とは、いったい誰なのでしょう?

一部情報によると、A子さんは「峰えむ子」という女性で、
本名は「まゆみ」さんとの噂があるようですが、真相が気になるところです。

ということで、今回は
鬼龍院翔さんの二股交際のお相手・A子さんは「峰えむ子=まゆみさん」なのか?
気になる噂について徹底調査していきたいと思います!

スポンサーリンク
 

鬼龍院翔と二股交際のA子との出会いは?

まずは、鬼龍院翔さんとA子さんとの出会いについて見ていきます。


鬼龍院さんとA子さんの出会いについて、週刊文春に以下のような記事がありました。

鬼龍院とその女性、A子さんとの出会いはゴールデンボンバーのブレイク前に遡る。
「10年以上前、鬼龍院さんは当時学生だったA子さんと知り合いました。2人で飲みに行くようになり、やがて男女の関係になったそうです」(テレビ局関係者)

音楽関係者も言う。「2012年にゴールデンボンバーが『女々しくて』でブレイクした頃には、A子さんをライブに招待するようになっていた」

そして鬼龍院はのちに結婚相手となる女性と出会って以降もA子さんとの仲を清算できず、今年まで男女の関係を持ち続けていたという。引用:週刊文春

ゴールデンボンバーのブレイク前、10年以上前から鬼龍院さんを知るA子さん。

ブレイク前とはいえ、ミュージシャンとして活動していた鬼龍院さんの存在は、
当時学生だったA子さんにとって、かなり魅力的だったのでしょう。

その後、ゴールデンボンバーがブレイクして、鬼龍院さんが有名人になった際の
A子さんの心境は、きっと複雑だったに違いありません。

自分の彼氏が突然有名人になってファンがたくさん出来たら、
普通の女子であれば、平常心ではられないですよね?(汗)

10年以上と長い期間交際ですし、鬼龍院さんが結婚相手の女性と出会った後も、
鬼龍院さんとA子さんの関係が続いていたのは、なんとなくわかるような気もします。

スポンサーリンク
 

鬼龍院翔の二股交際のA子は「峰えむ子」で本名は「まゆみ」?

それでは次に、鬼龍院さんの二股交際のお相手・A子さんは誰なのか?
「峰えむ子」さんという女性で、本名は「まゆみ」さん?の真相について調べてみます。


そもそも、ゴールデンボンバーのコアなファンの間では、
鬼龍院さんに長年交際している彼女がいるということは、認識されていたようです。

「雑談たぬき2ch2」の掲示板のスレッドに、鬼龍院さんと鬼龍院さんの彼女(A子さん)
に関するこんな書き込みがありました。 書き込みは2019年〜2021年のものです。



この掲示板では、鬼龍院さんの彼女が「峰えむ子」さんで、
峰えむ子さんの本名は「まゆみ」さんと言われています。

確かに、「えむ子」のエム・Mは、まゆみさんの頭文字でもありますしね。
うーん、でもこの書き込みの情報だけでは、
A子さんが峰えむ子=まゆみさんということは、断定できないですよね。

そこで、SNS上で「峰えむ子」さんについてもう少し調べてみると・・・
峰えむ子さんの個人アカウントらしきものが見つかりました!


峰えむ子さん、かなりキワドイ発言を連発されていますね〜(汗)

現在、この峰えむ子さんのSNSアカウントは削除されていますが、
過去にえむ子さんが、SNS上で鬼龍院さんとの交際匂わせの投稿をしていたことから、
ファンの間では鬼龍院さんの彼女=峰えむ子さんとのフラグが立ったようです。

これらの情報から、鬼龍院さんの二股交際相手のA子さんが「峰えむ子」さんで、
本名は「まゆみ」さんという女性であると、もちろん断言はできませんが、
えむ子さん本人が交際匂わせの発言をしていたいうあたり、ひょっとして
可能性はゼロではないのかもしれません・・・。

いずれにしても、鬼龍院さんとA子さんに関する正確な情報は分かりませんので、
また今後新たな情報が分かり次第、こちらに追記していきますね。

スポンサーリンク
 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、
鬼龍院翔の二股交際のA子は「峰えむ子」で本名は「まゆみ」?
というテーマでお届けしました。

鬼龍院さんの二股交際の相手とされるA子さんは、
峰えむ子さんで、本名はまゆみさんとのネット上の書き込みがありますが、
信憑性に関しては定かではありませんでしたね。

今後も、鬼龍院翔さんやA子さん関連のニュースに注目していきたいと思います。

それでは、また^^